掲示板

GW短いなおい

しばらくは記事作成に専念します

 

『シャングリラ』感想

813字 読了時間約2分

作品名 シャングリラ
ブランド エルフ
シナリオ なし
原画 横田守
発売開始日

1991/8/28(初出)

2017/6/20(windows10)

定価 4180
公式ジャンル シミュレーション
パッチやアペンド なし
ジャンル ゲーム性のある
属性 シミュレーション RPG 女戦士
DMMDL版 


公式紹介

なし

おすすめするポイント


あまりお勧めできませんが、古いゲームに興味があれば。

 

思い入れ、事前印象


2021年の一月にセールで買った。古いエルフのゲームと知っていたが、それ以上の情報は知らない。

 

感想(これより先はネタバレあり)

[ストーリー&キャラクター&エンディング]

ストーリーはないに等しい。最初に出てきた女の子も、賢者みたいな人も、一度助けた女も王子も一回しか出てこない。そのため、キャラも印象に残らない。エンディングも続きがありそうな感じで、もやもやが残る終わり方だった。

[エロシーン&CG]

CGが珍しく縦長で、上下に視点を変えるように見れる。ほかに同じような仕様を見ないのは、特に意味を感じないからなのか。

味方部隊を死なさずにクリアするとエロシーンに少しの追加がされる。数クリックで終わるうえ、主人公が映らないので、よくわからない。

CGが非常にきれい、最初の説明の戦場のCGが特に気に入った、サンプルのCGでもあるので見てみてください。敵のアイコンがなかなかに個性的だった。

[ゲーム性]

自分はこの種のゲームが苦手なうえにあまり本作に面白さを感じなかったので、一番低い難易度を選んだ。飛行ユニットと弓矢を使えば勝てる。

[おまけ]

クリアするとスペシャルmapが解放される。しかしストーリーなどはなく、やる意味を感じない。

[まとめ]

ストーリーがないのはとてつもない欠点。ほかのゲーム要素の強いゲームはストーリーに特徴がなくてもある程度のボリュームは必須。本作は必要最低限をも下回っており、何をしているかわからなくなるほど内容がない。