掲示板

蹂躙のオークの記事、明日あたりにできると思われる(できるとはいってない)

アリスソフトがなんと割引キャンペーン!

 

『営業部第4課 牝豚調教飼育係』感想

3296字 読了時間約8分

【独占】 営業部第4課 牝豚調教飼育係

作品名 営業部第4課 牝豚調教飼育係
ブランド スタジオ奪
シナリオ 伊豆平成2号 池かなた 栗山トリス 剣祐名 高尾登山
原画 もんぷち
発売開始日 2015/10/9
定価 4800 税込み

公式ジャンル

オフィス復讐調教ADV
パッチやアペンド なし
ジャンル 抜きゲ
属性 凌辱 快楽堕ち 調教
クリア時間 約6.5時間
DMMダウンロード版 リンク

公式紹介

とある広告代理店に勤務する、日向野唯士(ひがの・ただし)は、営業第4課所属の平社員。
部内トップの成績を誇る営業4課は、課長をはじめとして美人の女性揃いで、社内の花形部署と呼ばれていた。

そんな課内で少数派の男性である唯士は社内からある種羨むべき立場にあると目されているが、その実態は課のお荷物扱いだ。

毎日のように課長や主任から罵声を浴び、蔑みと嘲笑の視線を注がれる悲惨な日々。
あまつさえペアを組むアシスタントの派遣社員からさえ馬鹿にされる始末だ。
屈辱の日々に耐え続ける唯士の心の支えは、主任のアシスタント「白浜奏(しらはま・かなで)」。
課内で唯一唯士に優しく接してくれる、天使のような女性だ。
彼女が微笑みかけてくれるだけで唯士は幸せになり、こんな境遇でもがんばろうと思っていられるのだった。

しかし、年も押し迫ったある日、無情にもそんな白浜奏の結婚が告げられる。
「白浜さんが今年度一杯で結婚退職することになりました。お相手は我が課の主任、葉山さんです」
課の主任の一人であり、自分を率先していじめていた男の名前を告げられ、
かつ幸せそうに頬を赤らめる奏の姿を見て、唯士は足下が崩れていくような感覚を覚える。

悲劇はそれだけにとどまらない。
何とか精神を立て直し、彼女の幸せを祝おうと気持ちを切り替えて歩いていた昼休み、
給湯室での女性課員達の会話を耳にしてしまったのだ。
「あの使えないうすらハゲ、白浜さんに気があるのバレバレっしたよね」
「いっつも気持ち悪い目で白浜さん見てニヤニヤしてるの。ほんと気色悪い、セクハラで告発してやろうかと思ったわ。白浜さんも気持ち悪かったでしょう?」
「そこまで言っちゃ悪いですよ」
「またまた、誰も聞いてないんだから正直に言いなさいよ」
「……本当のこと言うと、気持ち悪かったです」

今まで信じていた女性さえ他の連中と同類だったと知り、唯士は復讐を決意する。
彼女たちの尊厳を完膚なきまでに踏みにじり、性奴隷として身分をわきまえさせてやる、と。
そして最終的には、この課ごと破滅させてやるのだ。
正月休暇を前に、唯士は計画を練り始める──

おすすめする人


職場でいじめられてる人。

思い入れ、事前印象


三年前の十二月に半額で買いました。パケ買いです。

 

感想(これより先はネタバレあり)

[ストーリー&エンディング]

公式紹介を見れば大体わかる。その後は主人公がマジカルチンポを使って、順調に復讐を果たすという話。分岐もなく、もちろんバッドエンドもない。抜きゲなので。

[キャラクター]

ソフィー・丸谷営業四課課長 ソフィー・丸谷

 

フランス人のハーフでロシア人の血も混じっており、日本人の血は1/4だけ。
銀髪、冷たい感じの日本人離れした超美人。5カ国語を操り、日本語でしゃべるときは男言葉。
性格は非常にきつく、ロボットのように冷酷。無能な人間に対しては一切容赦がない。
唯士のことは心の底から無価値と信じていて、彼さえいなければ理想的な課なのにと思っている。

「……君は心底無能だな。ここまで無能だと逆に感心するよ」

専務と不倫をした写真を撮られて、脅迫される。

M気がある。エロい。専務とは愛で交際してるだとかなかなかかわいいところがある。一番好き。

神崎 可奈子営業四課主任 神崎可奈子

眼鏡美人で、有能だが性格はやはりきつい。ソフィーがロボットなら彼女は女性特有のヒステリックさと陰湿さ、執念深さがある。黒髪ロングの長身で、やせ形。
ソフィーを上司として、また同じ女性として尊敬しておりそれを公言しているが、一皮むくと内心には彼女への嫉妬や羨望が隠れている。
彼女が課長に昇格した歳を追い越すことが目標だったが、残念ながらその目標は果たされず、今年も主任のまま。
ソフィーが部長に昇格すればその後釜だろうと目されてはいるが、結局ソフィーの後塵を拝することに不満を持っている。

「あんたって、ホント無能ね。報告が足りないから悪いのよ。傍(はた)から見てても、おかしいったらありゃしない。」

主人公のよくみるアダルトサイトに投稿していたことがばれて脅迫される。

露出が好きだが、処女である。最後では社内集会で全裸で隠語を連発するという暴挙に出る。いとおかし。

白浜 奏派遣アシスタント 白浜奏

神崎主任のアシスタントの派遣社員。誰にでも分け隔てなく優しく接する性格で、偽善者。
人間をランク付けして価値を判断する部分があり、その中で唯士は最低ランクに位置づけられている。
売春婦の私生児で施設育ちという過去があり、豊かな生活を送ることに異様な執念を持っている。その目的を達成するためこれまで玉の輿狙いで生きてきた女。

「がんばってくださいね、日向野さん。皆はああ言ってるけど、私は日向野さんが頑張ってるの知ってますから」

絵にかいたような清楚系ビッチ。過去の経歴で脅迫される。

歴戦のおまんこでも主人公のマジカルチンポにはあっさりと敗れ、堕ちていまう。堕ちた後のフェラのシーンの表情がかわいかった、ちょっと萌えた。

小野田 寧々派遣アシスタント 小野田寧々

唯士のアシスタントで派遣社員。新卒1年目のクソ生意気な女。ヤンキー気質。
背は小さく、むちむちした体系で胸と尻がでかい。髪は金髪、ピンク色のリップが特徴。
仕事に関しては、言われたこと以外は一切やろうとせず、言葉遣いは学生のまま、残業など命じられようものなら唯士の無能を当てこするくらいは日常茶飯事。
ヤンキー気質から来る上の立場の人間への絶対服従のため、課の年上女性からは非常に好かれている。それをいいことに唯士は見下し放題で完全に馬鹿にしている。

「あーし派遣だしぃ、残業とかマジありえないんスけど。時間中今までなにやってたんスかアンタ」

不良の下っ端で、いじめられた時の写真などで脅迫される。

いつも強気だが、主人公に暴力を振るわれた途端、大人しくなってしまう。ちょっと可哀そうと感じたところもあった。お嫁さんになるとか言ってて、処女。ディルドでやられるんですけれどもね。

花城 麗子社長秘書 花城麗子

唯士と同期入社で、当時ほんのわずかな間だが唯士とつきあっていた。
が、唯士のあまりのつまらなさに愛想を尽かし1ヶ月持たずに破局、彼女の中では黒歴史と化している。
社内一の美女の座をソフィーと争っているが、当人同士は表面上それなりに仲がよい。
だが内心では才色兼備のソフィーに対する嫉妬が渦巻いているのは、可奈子と同様。

「まったく貴方って人は、本当につまらない男……なんでこんな人と付き合ったのかしら」

専務と不倫をしていたが、主人公にソフィーと専務の不倫証拠を見せられて激おこになり、主人公と手を組みソフィーを堕とす。

典型的な悪女。御苑生メイさんの高笑いはなかなか迫真でした。とはいえ、主人公のマジカルチンポの前では悪女もあっさりと堕ちてしまう。唯一凌辱感のないキャラ。

森本 茉莉女子学生 森本茉莉

お嬢様学校に通う森本専務の一粒種。
表面上は真面目な優等生だが、実際の素行はあまりよろしくなく、裏では援助交際の常習者。

結構いいキャラだが、シーンが少ない。茉莉だけで一作品作れそう。

[エロシーン]

主人公のマジカルチンポでどのヒロインもすぐに堕ちる。堕ちる過程を楽しむ人には向いてないが、堕ちた後のエロシーンはボリュームがあります。

すべてのヒロインにアナルセックスのシーンがある。

少し気になったところだが、主人公は推定年齢26歳前後だが、一部のエロシーンで主人公のハゲ頭が映ったときは驚きましたね。作中で生え際が後退してると出てるが…ハゲスギィ!

[主題曲]

抜きゲ特有のかっこいい曲。

[システム]

スキップが早すぎて、逆に不便。

[まとめ]

ボリュームがあって、絵もよくて、マジカルチンポで、キャラもよくて、なかなか良い抜きゲですた。